余白

■施工例




■注文住宅の新築工事

[ 基礎工事 ]

基礎工事では建物の土台となる部分を鉄筋コンクリートで造ります。こちらでは強度の確保を実現するために、鉄筋に13mmと太さのあるものを使用し、さらに鉄筋の間隔を150mmと狭い値にして鉄筋の本数を多く使って組んで作られています。

[ 建方 ]

建方は材木で住宅の骨格を造っていく工事になります。こちらでは柱にひのきの無垢材を使用しています。

[ 屋根工事 ]

こちらではステンレス板の瓦棒葺き屋根の工事をしました。このタイプは水はけがいいところが特徴と言えると思います。

[ 外壁工事 ]

外壁工事では塗り作業で壁が作られました。下地は構造合板という強度のある合板を張り、その上に防水処理をしてモルタルが塗られます。塗りの下処理はメタルラスの2重張りです。

[ 断熱材工事 ]

こちらは「アクアフォーム」という断熱材の施工例です。発泡性のある物質を隙間なく吹き付けて工事が行われます。

[ フローリング床張り工事 ]

ひのきの無垢材を使用したフローリング床張りをしました。仕上げには蜜蝋(みつろう)を使用しています。蜜蝋とは天然素材のものでワックスのように使用します。

[ 内装工事 ]

こちらの内装工事では天井面と壁面に珪藻土(けいそうど)を塗装しています。珪藻土とは堆積物の一種で、吸湿性・放湿性をもつため建材として使用されるものです。

■ウッドデッキ工事

こちらのウッドデッキは2階フロアーの高さにあり、広さが約25平方メートルと大きいタイプのデッキです。2階リビングから段差なくデッキに出ることが出来ます。

こちらのタイプでは1階のはきだし窓の外にデッキを製作しました。室内とお庭の間にあるとほんとうに便利です。お庭へ出る際に段差を小さくする役割もあります。

■フローリング床張り・床暖房工事

こちらの床材はパインの無垢材を使用しています。仕上がりでは木の質感を味わうことができます。また健康面でも安心できるという点で無垢材を選ばれるお客様もいらっしゃいます。こちらでは電力タイプの床暖房の据付も行いました。

■和室 施工例

こちらは新築工事で施工した和室です。左写真の部屋は押入れと仏壇置き場があります。壁はじゅらく仕上げです。右写真の部屋は京畳を敷いた和室です。壁は漆喰(しっくい)仕上げです。

こちらはおよそ築30年の木造住宅をリフォームした際に作りました和室です。エアコンの本体を隠して風を通す欄間も作りました。壁はじゅらく仕上げです。

和室は、生活の中で団らんの場などとして使用したり、寝室として使用したり、また来客時に活用したりすることもできます。そこに入るとなぜだか自然と落ち着くというような時もあるものです。また現代だからこそ和室をたのしみながら利用することも出来ると思います。もしお客様の生活スタイルに合うようでしたら和室もお勧めしたいです。

■マンション リフォームの工事例

[ 解体工事 ]

マンションのリフォーム工事では内部をすべて解体すると鉄筋コンクリートの状態になります。

[ 床下地工事(ガイナ塗装) ]

床下地工事ではひのきで下地を作り、コンクリート面にはガイナという遮熱・断熱や結露防止などの効果が期待できる塗料を塗りました。

[ フローリング床張り・床暖房工事 ]

桐の無垢材を使用したフローリング床張りをしました。桐の質感はさらっとしていてやわらかくあたたかいという感じでした。床暖房との相性も良さそうです。

[ 内装工事 ]

キッチンにはTOYO KITCHEN社製のシステムキッチンを設置しました。また、こちらでは施主様のご希望により室内の天井面と壁面の工事は行わないというかたちで施工依頼を受けました。ご本人で珪藻土(けいそうど)を塗って仕上げられるそうです。ご自分で作業をすることに興味をお持ちのお客様からはこのようなかたちでの依頼を受けることもあります。